力仕事や夜間の求人に男子の応募が求められています!

男性

人手不足の介護業界は男子の力が必要

少子高齢化の進む日本ですが、介護を必要とする人はますます増加しています。深刻な人手不足の介護業界は、若い力がもっとも求められる職種です。介護職は力仕事が多いのに約8割は女性です。介護職員が少なければ、一人で何人もお世話をしなければなりません。そうなると、充分な介護ができない可能性が出てきます。男性のヘルパーさんはどこでも求人募集されています。寝たきりの人の介助等はやはり、男性がいると助かります。女性のヘルパーさんからも頼りにされる存在なのです。それに若手が育たなければ職員、ヘルパーも高齢化してしまいます。ではなぜ男子は介護業界に少ないか?
男子が少ない要因は仕事のキツさ、賃金の低さが挙げられます。男性に限らず、女性も同様なのがこの二点でしょうか?介護施設は24時間体制、夜勤、休日出勤は当たり前の事です。激務に耐えられないと考えるのが普通です。それでもあえて介護の仕事がしたいと求人応募する、男子もいます。私の知り合いに、息子さんが介護ヘルパーになった人がいます。実家は家族経営の会社、お父さんは営業を担当していました。ある日、息子さんから突然言われました。人の役にたつ仕事がしたい、介護ヘルパーになりたい。家族は反対しましたけど本人の意志が固く、両親は許しました。こういう若者もいるんです。介護業界はなり手が少ない今、もっとも男性の求人が多く男性の力が発揮できると言えます。介護業界を支えるのは実は男性の力なのです。

男子求人の変遷

最近ハローワークに行くと、以前よりは確実に女性の求人が増えたのを感じます。女性の社会進出が目覚ましい中、これが当然の時代の流れなんでしょうか。
ずっと前、私が新卒で職探しをしていた時は男子求人もしくは男女共通求人がほとんどでした。あの頃は女性の友人達の職探しが大変だったと記憶してます。それがどうでしょう、変わるもんですね。男子求人はやっぱり力仕事が主でしょう。車は男女共に運転できますが荷下ろし等の力の要る作業は大変ですからね。宅配業にしても、一般的なお届け物程度なら問題ありませんが、結構重くて大きなものを抱えて配達している配送業の方を見たことがあります。夜間の警備業なんかもやはり男子が必須ですし、コンビニ深夜バイトも男性です。私は夜間警備、深夜のコンビニに勤めていた事もありまして、警備業は深夜に薄暗い施設内を点検で歩き回るため、女性では何かあったら非常に危険です。深夜のコンビニも酔っ払い男性を始めとして、いろんな人が来ますからちょっと危なっかしいですよね。
それにしても、最近の女性はパワフルで活発です。昔は3kと忌み嫌われた、キツイ・キビシイ・キタナイの揃った職場にでさえ女性はいますものね。男性求人・女性求人、両者共通するグレーゾーンはあるものの、男性にしか出来ない求人はどんなに社会進出目覚ましい女性社会の時代においても、ある種変わらないものがあるのかも知れません。

男子が求める男性求人

仕事探しをしている男子が求めている男性求人情報とは、どういったものなのかということをご説明させていただきます。男子なら誰しもが高収入を得ることができる求人情報を探しているといった考えはバブル全盛期の頃の話です。
今のゆとり世代と呼ばれる男子たちは高収入を得ることができる求人より充実を優先し休みがしっかりしており有給休暇等の消化もしやすい会社を選んでます。求人情報の仕事内容等は二の次で第一条件として土日祝日は絶対に休みと言う週休二日制を導入している企業などの求人情報を今の男性たちは興味を持っています。ですからいくら高収入を得ることができる求人情報でもなかなか人が来ない、離職率が高いといった傾向になってきています。
それはゆとり世代と呼ばれる今の若者たちが社会進出してから起きており、あまり働くことを得意としない男性が増えてきていることが原因の1つとなっています。そのため今のゆとり世代の若者たちに合わせるのであればでも完全週休2日せいと言う制度をどこの企業も絶対に導入しない限り若者の獲得はゼロに等しくなってきています。
昔ながらの考えというのは今のゆとり世代には通用しないため、今の男性が求める求人情報は休みがちゃんと取れると言った勤務体制を導入している企業の求人情報だけです。


【メンズスパーク】は未経験でも可能なお仕事、過去の経験を活かせるお仕事、多種多様な男性のための求人情報サイトです!男子求人は、理想の働き方ができるのです!条件もよく給料もよく、楽しく働けるお店を掲載してくれているのです!ですので、男子の方にはぜひとも活用してほしい求人サイトです!